他の社内研修とは意味が違う?!内定者研修の目的

社内研修を実施する目的

会社において研修と言えば、社員のスキルアップのために行われることが多いです。例えば社会人になったばかりの新入社員に対しては、社会人としては一般的なマナー、挨拶の仕方や電話の取り次ぎ方といった基本的なことを研修で教えます。また企業においては、社員の各階層別に企業が期待する人材にたるための育成のための研修をおこなうところもあり、管理職研修であったり、中間管理職研修、または中には役員研修をおこなっている企業もあります。

内定者研修の様々な内容

このようなスキルアップが基本的な研修ですが、中には他の意味合いを持たせる研修もあります。そのひとつが内定者研修です。新卒の学生の採用活動をおこない、内定を出した学生に対して、入社までの間に行われるケースが多いです。そこで行われる研修内容は企業によって様々です。新入社員を対象におこなわれるような研修をおこなうところもあれば、先輩社員との交流を重視したり、また中には定期的に集まって面談をした後に飲み会をおこなうところもあります。

内定者研修の目的はつなぎとめておくため

研修とはいえ内定者研修についての企業側の活用法としては、内定者を囲っておくことが一番の目的としておこなわれ、それを研修という名で実施している企業が多いのです。せっかく多額の費用をかけて採用した学生も、内定を出した後に内定を断り他の企業へ移っていくというケースも多々あります。いなくなった学生の分を補充するために採用活動を継続することは、時間と費用が更にかかり企業にとっては負担になります。そのため、そのようなことが起きないようつなぎとめておくための研修を内定者研修としている企業は多いです。

社員研修とは、企業が社員に対して求める能力の獲得を目指して行われる研修のことです。新人研修やスキルアップ研修など、企業の求めに応じた多種多様な研修があります。