履歴書の代替として活かせるウェブ制作とは

ポートフォリオは役立ちます

近年の求職のための活動において、即戦力か否かが求められるご時世になっています。ようするに、どういうことが出来るのかということが重要になっています。したがって面接においては何か公開できるものはないかということが問われます。そうした場合に活躍するのがポートフォリオと言われている自分自身の功績を表わすウェブサイトになります。担当者においても、一般的な方法で記された履歴書より、そうした自主作成の必要な情報を重視する傾向が見られます。

評価が高いポートフォリオとは

単純に在学している時に行なったことを日記風に記しても、アピールポイントにもなりません。当然採用側がこの人物は、このようなことが可能と見定められるような中身でないとポートフォリオの価値がありません。よく見かける事例としては、現実の上で制作したプロジェクトを案内したり、または自分自身が製作したオープンソースを披露したりするのが定番になります。こうしたことを行うことによって、充分なアピールをすることができます。

ポートフォリオは更新して価値を高めます

あらためていうまでもなく、単発的に終わる履歴書とは異なり、ポートフォリオについては、人生をかけて成育させるウェブサイトになります。その場所に最新の実績を加えるほど、価値は高まりますし、意味があるものへと変化します。裏を返せばポートフォリオを誇りにして書き込めないプロジェクトには手を出さないほうが良いとも言えます。個人的にオープンソースを実行している場合、プロジェクトはポートフォリオの重要なテーマになります。

web制作に必要な物は、インターネット環境・インターネットに接続出来るデバイス・プログラミング技術等が必要となります。