警察に相談して解決!誹謗中傷対策のポイントとは

誹謗中傷対策は警察に相談が有効

インターネットで書きこまれる内容によって、実生活にも大きな影響が産まれるものです。誹謗中傷を受けた時には警察への被害届を出す事が有効であり、サイトや掲示板に書き込まれた内容次第では法律に従い対応する事が可能になります。相談しても法律として問題が無い場合は警察も動かない事になりますが、実生活へ影響が出るレベルの内容ならば、何かしらの罪に問う事が出来る可能性が高いと言えるでしょう。警察が動く中で多いものは名誉棄損が挙がります。

具体的にどのように対策を進めていくのか

警察の協力を得て誹謗中傷対策を進めていく流れとしては、被害届を準備する必要があり、その過程で証拠資料を集める事が望ましいです。誹謗中傷の内容が解らないと警察も動きようも無いですから、中傷されているサイトページを印刷したり、サイトのアドレスを記録し、警察側としても刑法に該当するか、被害状況がどうなのかを確認してもらう事が必要になります。以前は警察で誹謗中傷対応が難しい面もありましたが、現在ではネット時代も進んでいて、警察も知識や対応能力が高まっています。

警察相談におけるポイントとは

警察にネット誹謗中傷対策を依頼するにしても、どこの警察に相談するのかは大きな問題になります。最寄りの警察署へ相談する場合は、住んでいる地域によっては対応出来ない場合もあり、中心地の大きな警察に相談を持ち掛けた方がスムーズに対策が進む可能性が高いでしょう。サイバー犯罪に特化した窓口もあり、メールや電話での相談から入るのも良いですから、最寄りの警察署だけが選択肢では無いです。専門知識を持ったサイバー犯罪対策室が、ネット上での様々トラブルや事件を扱い対応していますから、警察本部に持ち掛けるのは有効です。

ネットで犯罪行為をされた場合は、警察に捜査依頼をするという誹謗中傷対策をしておくと加害者の検挙につながります。