インターネットで誹謗中傷されないための予防策とは

SNSは気を付けることが必要です

SNSに、実家の映像それから料理映像などを、それ程熟考しないで送る方はよく見受けられます。子供さんの寝顔、あるいは魅了されるクッキングを紹介したくなる方がいるかもしれません。その部分で意識しておきたいのは、スマートホンなどカメラにセットされているGPS機能と言えます。カメラもONであると、カメラを回した位置データ―自身が記録保存されてしまうことになるのです。中身から、炎上してしまうこともあると聞きます。撮影前にGPS機能か、チェックしてみましょう。

有名人への意見は用意周到で行いましょう

ブログなどで、著名人に対して、個人的な感想を掲載する人たちがいます。賛同される方もいるようですが、ファンが数多くいる大物であれば、ファンによる挑発的な攻撃が避けられない可能性も肝を据えておく必要があります。その中にあってもブログのプロフィールに自らの映像を公表している人、そして勤め先が調べられるような事を掲載されていると、断定される可能性も高いです。ネットは中身がコピー&ペーストで大きくなっていきます。記入時は、リスクを想定して行なうようにしましょう。

評価をするサイトも慎重に記入しましょう

好ましく思ったサービスに関して、価値判断するホームページがあり、そこで称賛する方についてもよく見られます。推薦することをし過ぎると、異なるアクセス者から、専門業者であると不審に思われる事があります。現実、偽の評価を記載する代行業者の違反も、かつて論点になったのです。業者の書き込みを拒絶する方達がいるので、ご自身の画像有りで送信している人は注意が必要です。投稿前に、わざとらしさがない書き込みになっているか確かめましょう。

ネット誹謗中傷とは、インターネット上で特定の人物や物をけなすことです。顔が見えないからといって、人が傷付くことは言わない方がよいと思います。