ネット上での自由な表現と誹謗中傷と個人情報管理

個人情報がネット上に勝手に掲載されていること

ネット上には個人や企業の対する誹謗中傷が多くあります。表現の自由とはいえ、個人名をあげて非難したりすることも多くあり、それが一般人であることもあります。芸能人のような公人であったり、企業の場合には、多くの人の目にさらされることが多いために、個人的な意見を表現するのはある程度の範囲内であれば許されるものの、そのような立場にない一般人がネット上にあげられて、いろいろと非難を浴びることは個人の生活を脅かす状況にもなります。

ネットに関する罰則も厳しくなっているが

このようなことは自分が知らないうちに、自分の名前や写真が勝手に掲載されていることもあり、もし見つけた場合にはサイトの運営会社に削除依頼をしたり、また場合によっては弁護士に相談するといった対処も必要になります。表現の自由といった逆の立場にもプライバシーや肖像権といった個人を守る権利もあるため、十分に対抗することができますし、最近では個人情報についても管理や罰則が厳しくなってきている風潮にもあります。

誹謗中傷にあわないための個人情報管理

身近になったネット環境だからこそ、いつ自分の情報が掲載されたり流れたりするかわからない環境にもあると言えます。個人情報の取扱いを気をつけて自己防衛をするのは勿論のこと、ネット上での誹謗中傷の記事についても気をつけることも必要です。最近の企業ではネット上のパトロールをおこなっているところもあり、違反があれば削除される環境にもあります。しかし新しい手段ができればそれを上回る手段があらわれて、イタチごっこのような状況にあることも認識する必要もあります。

自身のホームページやブログなどを、検索上位に表示させるためにはSEO対策が必要となりますが、検索を簡単にするためにサジェスト対策も重要となります。